オレンジライフの会員制度「心ふれあい倶楽部」

文字サイズの変更

会報誌LIFE

会報誌LIFE

会報誌LIFEは、オレンジライフが心ふれあい倶楽部会員様に配布しているフリーマガジンです。会員特典の親睦旅行やカルチャースクールのご案内はもちろん、地元有田地域に密接した情報満載で定期的にお届けします。

最新号

社長コラム ~ご縁を繋ぐプロジェクトの立ち上げにあたって~

社長コラム

日本の抱える高齢社会問題や都市集中型経済を改善させるべく、ここ数年、安倍首相も将来を見据え、地方創生や1億総活躍社会にと取り組んでいます。現状のままでは、有田地域も他の地方の町と同様に行政自体の存続は難しくなるでしょう。田舎の人口は無くなりはしないですが、近い将来、住民サービスがおぼつかなくなることは想像出来ます。そうなると将来を見据えた若者の更なる都市部への移住を危惧してしまいます。
一方で殺伐とした都会に暮らす人の中には地方に憧れを感じる人たちが増えています。日本経済新聞の調査ではなんと47.3%の若者が「地方で暮らしたい」と思っているそうです。その理由として、残業なしでプライベートが充実、豊かな自然に囲まれた生活、駐車場のある一戸建て生活、などが挙げられていますが、「サザエさんのようなご近所環境」という理由が、都会での厳しい人間関係やコミュニティが見えない環境ではなく、隣近所や仲間の顔が見えて人の優しさを感じられる環境を望んでいることがわかります。
 人と人との繋がり=縁(えん)の存在こそが人間が本来生活していく上でどれだけ必要な事か、私たち田舎で暮らす当事者が忘れがちになっているのではないでしょうか。そう考えたときに、地方の強みは「縁のある社会」と考え、この縁を通じて住民自体が生活をエンジョイ出来る地域づくりを実現させる事が地域存続の鍵だと私は考えています。

弊社オレンジライフは葬儀社です。私は常々、葬儀という儀礼文化を考えるに「葬儀は最後のコミュニティの場」「故人の紡いだ縁を継承する場」の意味があると思います。そう考えたとき、私たちオレンジライフには地域の縁を繋いでいく葬儀を創出する事が、私たちの職業奉仕であると思うのです。最近の葬儀を見て変わりつつある事は「縁を選ぶ」という事です。葬儀の参列者を遺族側が選んで行う葬儀が増えました。今までも葬儀のあり方は時代とともに変化していますし、私はその事に関しては現代社会の考え方に合致していると思います。しかし、遺族の誤った参加者の選択は、今後の親族や関係各位との関係性(縁)に大きく影響する事だと考えます。そのような場合には的確なアドバイスを示していくことも私たち企業の責務であると思うのです。そして、ライフステージカンパニーとして、地域の縁を繋ぐという観点から、葬儀だけではない人生の節目となる出来事や記念日を縁のある方々と共に祝い楽しむ事の出来る事業展開が出来ないものかと考えているところです。

私もFacebookやLINEなどのSNSで、何年も会っていない友人とメッセージを送り合ったりします。そこには面倒な縁をネットが簡単にしてくれている事実もあるでしょう。しかし、最近のネット社会のスピードには私などでは付いていけない速さで変化しています。スマートフォンのCMに「スマホと会話」「スマホと旅する」というようなものが出始めました。これは人とのお付き合いよりもITとの関係性の方が楽だと思う若者をターゲットにしたものだと思いますし、近い将来はスマホに変わるコミュニケーションロボットの存在も予想されています。ニーズに合わせた商法を進めていく事の危険性を感じずにはいられません。しかしながら、これからの世の中はこれらの便利ツールをうまく活用しながら縁を繋げていく事を考えなければならないと思います。

そこで、今回、当社が運営していこうと考えたのがSNSを使用し、有田というフィールドの中で、同じ考えや趣味、志を持つ方々の縁を繋ぎ、より良いQOLを実現していただけるメンバーを募り、オレンジライフのGO-ENプロジェクトとして発信していこうと考えています。例えば、有田市と有田川町に住むみかんを愛する農業者さん方、有田に移住して同じ趣味の仲間を探している方、女性の起業志望者と投資家さん、というようなどのようなものでも同じフィールドの中で、遊び、仕事、生活を通じて新たな縁が生み出される仕掛けをオレンジライフがコアとなりSNSを通じて繋いでいきたいと考えています。メンバーの意見を反映させながらメンバー同士が楽しくなれる。田舎の生活がますます楽しくなる。そのような仕掛けを興味ある方々と構築できればと考えています。
GO-EN プロジェクトであなたも新しい縁をつないでください。メンバーへのご登録はLIFE本書の裏表紙より簡単にご登録いただけます。

株式会社 オレンジライフ 上野山栄作

有田と貴方のコレカラを応援!「コレカラ」インタビュー

有田と貴方のコレカラを応援! 「コレカラ」 インタビュー

有田と貴方のコレカラを応援します

オレンジライフでは、有田の活性化と地元の皆さんの生活がより楽しく、益々すばらしいものになるようにと、「コレカラ」と名づけ、お客様の生活に密着した、遊ぶ・観る・学ぶ・育てる・造る・買う・食べる等の有田の情報を発信しています。このコーナーでは、有田で頑張っている人をご紹介します。

有田川町徳田
移動動物園 園長
濃添 勇作さん(37歳)

子供の頃の「好き」をこれからも

普段は有田リサイクルサービスを経営されている濃添さん。お仕事の合間にご家族・スタッフの皆さんとともに動物たちの世話をされています。有田では珍しい移動動物園についてお話を伺いました。

スタッフ:
移動動物園を始めたきっかけは?
濃添さん:
子供の頃から動物や自然に関わるものが好きでした。馬が欲しいってずっと言っていて。ある日、動物園でヤギを売っているのを見て、連れて帰ってきたのが最初です。ヤギの次はポニー。とある別荘で捨てられていたヒツジも、しばらくは管理人さんがエサをあげていたそうですが、かわいそうで里親になりました。それからやっぱり乗馬用の馬が欲しくて。長野県にある牧場の方に相談していたら、実は金屋出身の方だということが分かってそれで話も弾んでしまって。お世話もできそうだなということで、今は3頭の馬がいます。
スタッフ:
どんな種類の動物がいますか?
濃添さん:
ミニブタ、ヤギ、ヒツジ、ポニー、カモ、モルモット、馬がいます。それに新しくフクロモモンガとマーラも仲間入りしました。
スタッフ:
普段はどのように管理されていますか?
濃添さん:
家族や有田リサイクルサービスの従業員で掃除やエサやりをしています。ここでヤギやミニブタの出産も行いました。散歩はどんどん広場の辺りまで歩いて行くんですけど、子供さんはもちろん、女性の方が結構興味を持ってくれて、車の人がわざわざ停まって声を掛けてくれることもありますね。
スタッフ:
どんなところで開催されていますか?
濃添さん:
基本的には企業さんや各種団体さんのイベントが多いです。ニーズに合わせて行かせてもらいますし、一般の方でもご依頼お受けします。ただしその日の動物のコンディションにもよるので、すべてを連れて行けるわけではありません。
スタッフ:
大変なことは?
濃添さん:
すべてです。特に病気になったときが大変ですね。ポニーが腹痛をおこしたり、ヤギが熱中症になったりしました。ブタも暑さ寒さに弱いし。和歌山県の家畜保健衛生所でヤギとかは診てもらえるんですけど、馬の獣医さんは和歌山にいないんです。大阪の獣医さんにお願いするのですが、馬は連れて行けないので、基本的に獣医さんに出向いてもらわないといけなくて、継続して診てもらうのが難しいです。
それに奥さんはポニーのミミちゃんが来た頃すごく不安があったみたいです。くらのつけ方から何から怖くて。その時きのくに乗馬倶楽部にいる大きな馬を見て。そこの馬は「北斗の拳」のラオウみたいな感じで(笑)850kgほどあるんですけど、それに比べたらうちのポニーはちっちゃいな、可愛いなと思って、そこからは何とかなるなと思えるようになりました。
スタッフ:
今後の目標は?
濃添さん:
単に好きが高じてお世話しているので、将来的な目標はまだ分からないですが、今後は月1・2回ここを解放して皆さんにふれあってもらえるようにしたいです。
スタッフ:
来てくださる皆さんへ一言お願いします。
濃添さん:
ぜひ癒しを求めに来てください。スタッフ一同お待ちしています。

詳しくはホームページをご覧ください。
「ふれあい牧場テール」www.arida-rs.com/tail

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは?

地方で生まれ育った人たちが都会に出ることにより、故郷の税収は減ってしまいます。そこで都会に住んでいても故郷に納税できる制度として生まれたのが「ふるさと納税」です。

自分の選んだ自治体に寄附すると、寄附額のうち2,000円を超える部分が所得税と住民税から控除されます。ただし控除額は上限があり、収入や家族構成によっては自己負担額が2,000円以上になる場合もあります。
また、選んだ自治体の特産品をもらえるのも大きなポイント。実質2,000円で好きな地域の特産品を買える、と考えるとお得な制度ですよね。

ふるさと納税5つのポイント

◇お礼の品がもらえる!
◇生まれ故郷でなくてOK!
◇税金が控除される!
◇使い道を指定できる!
◇複数の自治体から選べる!

ふるさと納税の手順(原則)
  1. 自治体を選ぶ
    ウェブサイト「ふるさとチョイス」などでお礼の品を見られます。熊本地震など災害地への支援として寄附するものもあり、品物だけでなく応援したい町や使い道でも探してみましょう。
  2. 納税の申し出
    自治体で決められた方法にて、ふるさと納税をしたい自治体に申し出をします。このとき寄附金の使い道を指定できます。
  3. 支払う
    自治体から必要事項の連絡が来たら、寄附額を支払います。支払い方法を事前に確認しましょう。
  4. 領収書が届く・お礼の品が届く
    有田川町のようにポイント制を採用している自治体は、支払い後カタログが届くので、金額に応じたポイントを使って品物を選ぶ流れになります。
  5. 確定申告を行う
    ふるさと納税を行った翌年の3月15日までに所轄の税務署で確定申告します。
    →会社員の方や年金受給者の方などは右記「☆ワンスストップ特例を申請する場合」をご参照ください。
  6. 所得税・住民税から控除される
    今年1年間で寄附した分が、翌年還付・控除されます。

☆ワンスストップ特例を申請する場合

平成27年より、以下の条件を満たしていれば確定申告が不要になりました。

  • もともと確定申告をする必要のない給与取得者 等であること
  • 1年間の寄附先が5自治体以下であること
    ※医療費控除を申告する方はワンストップ特例が使えなくなります。
    ※所得税の控除は無く、その分も含めた控除額が翌年度の住民税から減額されます。
《ワンストップ特例の流れ》

1)自治体を選んで寄附する(5つまで)
    ↓
2)自治体に申請書を郵送する
    ↓
3)翌年に居住自治体から住民税控除の通知が届く

ふるさと納税についてのお問い合わせ先:

有田川町/有田川町役場 企画財政課(TEL.0737-52-2111)

有田市/有田市役所 総務課 総務係(TEL.0737-83-1111)

お料理レシピ

お料理レシピ

かんたん!おいしい♪お料理レシピ

今回は、名匠 和“秘伝”の万能だれ「和オリジナル」の作り方を特別にご紹介!ご家庭にある材料で簡単に作れるのでぜひご活用ください。

★万能だれ「和オリジナル」を作ろう
★万能だれ「和オリジナル」を使った豚しょうが焼きを作ろう

野菜炒めや焼きそばにもオススメです。暑い時期なので必ず冷蔵庫で保存してくださいね。

名匠 和 中山 智博チーフ

万能だれ「和オリジナル」

【材料】
みりん 80cc
うすくち醤油 60cc
こいくち醤油 12cc
水 160cc
砂糖 15g
りんご 10分の1コ
玉ねぎ 10分の1コ
しょうが 10g

  1. りんご、玉ねぎ、しょうがをみじん切りにする。
  2. 1をミキサーに入れ、それが浸るくらいまで水を入れる。果肉がなくなって滑らかになるまでミキサーにかける。ここまでの工程は、ミキサーを使用せずに、すりおろしてもOK。
  3. 小鍋に、残りの水とその他の材料全てと2を入れて、火にかける。強火でしっかり沸騰するまで沸かす。
  4. 火から下ろし、粗熱を取って完成!ペットボトルなどに移し、冷蔵庫で1週間ほど保存可。
万能だれ「和オリジナル」を使った豚しょうが焼きを作ろう

【材料】1人前
しょうが焼き用豚ロース肉 3枚
万能だれ お玉1~2杯
サラダ油 適量
塩コショウ 少々

  1. フライパンを熱してサラダ油を入れる。豚肉をフライパンに並べて、塩コショウを振って両面焼く。焼き過ぎると豚肉が固くなるので、中火で軽く火を通す程度にする。余分な油が出てきたら、キッチンペーパーでふき取る。
  2. 「和オリジナル」を入れる。途中、お好みで追加してもOK。
  3. 強火で水分を飛ばすように煮詰める。焦げ付かないよう注意しながら、汁気がなくなる位まで焼く。
  4. キャベツなどの付け合わせと盛り付けて完成!

会員親睦旅行のご案内

会員親睦旅行のご案内

季節を感じる旅をご用意いたしました。

旅行会社との提携により、どこよりもお安い価格にてご優待させて頂きます。お友達づくりのできる旅に一緒に出かけませんか?

第77回 体験旅行京都府
抹茶作り体験と宇治散策の旅
出発日:9月29日(木)
お一人様 9,800円

限定20名様
  • 8:00 フューネラル有浄会館―
  • 8:15 フューネラル吉備―
  • 高速経由・途中休憩―
  • 11:00 福寿園・宇治茶工房(石臼を使って手挽きも抹茶作り体験)―
  • 12:15 昼食と平等院など自由散策―
  • 15:00 出発―
  • 高速経由・途中休憩―
  • 18:00 有田到着
第78回 グルメ旅行兵庫県
松茸狩りと三田牛すきやきの旅
出発日:10月24日(月)
お一人様 19,800円

限定20名様
  • 8:00 フューネラル有浄会館―
  • 8:15 フューネラル吉備―
  • 高速経由・途中休憩―
  • 11:00 神戸三田(松茸狩りと三田牛のすき焼き(松茸入り)の昼食)―
  • 13:45 神戸三田アウトレット―
  • 15:15 めんたいパーク神戸三田―
  • 16:00 出発―
  • 高速経由・途中休憩―
  • 18:30 有田到着
第79回 グルメ旅行京都府
豪華カニ料理堪能の旅
出発日:1月23日(月)
お一人様 16,000円

限定25名様
  • 7:15 フューネラル有浄会館―
  • 7:30 フューネラル吉備―
  • 高速経由・途中休憩―
  • 12:00 丹後半島/伊根(カニのコースの昼食)―
  • 14:00 海産物のお買い物―
  • 15:00 天橋立/文殊堂散策―
  • 15:45 出発―
  • 高速経由・途中休憩―
  • 20:00 有田到着

道路状況等により予告なく、工程を変更する場合がございます。

カルチャースクールのご案内

カルチャースクールのご案内

冠婚葬祭マナーや、バラエティー豊かなスクールを開催。

心ふれあい倶楽部ではバラエティー豊かなカルチャースクールを毎月開催しています。お気軽にご参加下さい。

第135回ヨガ教室
心と体の健康のためにヨガを生活に取り入れてみましょう
当日用意するもの:ヨガマット(あれば)、飲み物、フェイスタオル、動きやすい服装
日時 9月22日(木・祝) 13:30~15:00
会場 地域交流センターALEC(有田川町下津野704)
参加費 会員 1,500円 (非会員2,000円)
定員 20名(定員になり次第締め切ります)
講師 日本総合ヨガ普及協会指導師 楠本 紋子(あやこ)先生
第136回犬のしつけ方教室
噛んだり鳴いたり手がかかるワンちゃんのしつけ方を一緒に学ぼう
当日用意するもの:首輪とリードを付けて普段散歩する格好で
日時 10月23日(日) 13:00~15:00
会場 地域交流センターALEC(有田川町下津野704)
参加費 会員 1,000円 (非会員1,500円)
定員 10組(定員になり次第締め切ります)
講師 (公社)JPCA和歌山県支所長 山畑 如矢先生
第137回ヨガ教室
心と体の健康のためにヨガを生活に取り入れてみましょう
当日用意するもの:ヨガマット(あれば)、飲み物、フェイスタオル、動きやすい服装
日時 11月3日(木・祝) 13:30~15:00
会場 地域交流センターALEC(有田川町下津野704)
参加費 会員 1,500円 (非会員2,000円)
定員 20名(定員になり次第締め切ります)
講師 日本総合ヨガ普及協会指導師 楠本 紋子(あやこ)先生
第138回名匠和の料理教室
名匠和スタッフが、ご家庭で手軽に作れるおせち料理をご紹介
当日用意するもの:エプロン
日時 12月7日(水) 14:00~16:00
会場 有田市文化福祉センター(有田市箕島27)
参加費 会員 500円 (非会員1,000円)
定員 10名(定員になり次第締め切ります)
第139回クラフトテープでカゴ作り
紙製のテープを編んで普段使いできるかわいいバッグを作ります
当日用意するもの:なし
日時 1月29日(日) 13:00~16:00
会場 フューネラル有浄会館2F(有田市箕島65-1)
参加費 会員 500円 (非会員1,000円)
定員 15名(定員になり次第締め切ります)
第140回美肌・小顔に!顔ヨガ教室
夢の若返りエクササイズでシワや乾燥肌対策も…短時間で効果有!
当日用意するもの:手鏡
日時 2月19日(日) 13:30~15:00
会場 地域交流センターALEC(有田川町下津野704)
参加費 会員 1,000円 (非会員1,500円)
定員 20名(定員になり次第締め切ります)
講師 ヨギーニ n's 代表 新田 佐津紀先生

非会員様がカルチャースクール当日に心ふれあい倶楽部に入会されますと当日のカルチャースクールは会員価格で受講できます。 当日入会の非会員様は入会金10,000円のところ提携店で使える商品券5,000円分キャッシュバック!!

GO-ENプロジェクト

GO-ENプロジェクト

GO-ENプロジェクト始動!

メンバー募集

GO-EN(ごえん)プロジェクトとは?…地元有田で人と人のつながりをもっと増やしたい!という想いから、この度新たなプロジェクトを立ち上げました。「いろんな人と出会いたい」「とにかくみんなで楽しいことをしたい」そんな人と人との間に新しい“ご縁”が生まれる、SNSを活用した誰でも参加可能なネットワークです。たとえば、綱引き大会、ツーリングの会、釣りの会、ツリーハウス作りの会、サッカーW杯のパブリックビューイングなどなど…みんなで楽しく遊びましょう!あなたがやってみたかったあんな事こんな事も実現できるかも?趣味の友達や意外な再会、ここでしか出会えない人など、どんな“ご縁”が生まれるかまだまだ未知数です…。プロジェクト始動にあたり、「GO-ENプロジェクト メンバー」の募集を開始いたしました。ご興味のある方はまずは下記のQRコードを読み取るか「GO-ENプロジェクト オレンジライフ」で検索してください。登録フォームよりお申し込みいただけます。
皆様のご参加をお待ちしております!

GO-ENプロジェクトのイメージ
メンバー登録方法
QRコード
  1. QRコードを読み取るまたは
    「GO-ENプロジェクト オレンジライフ」で検索
    (オレンジライフのトップページのバナーをクリックすると開きます)
  2. サイト内の登録フォームに、必要事項を入力し送信
  3. GO-ENプロジェクト事務局よりイベントのお知らせが届きます!
お問い合わせは

株式会社オレンジライフ GO-ENプロジェクト事務局 TEL.0120-14-4241まで

会報誌LIFEバックナンバー