仏事サロン エターナル

文字サイズの変更

フリーダイヤル0120-17-4241

営業時間9時~17時 年中無休

海洋散骨葬

海洋散骨葬 よくあるご質問

散骨は法律に触れませんか?
所轄官庁である、厚生省、法務省ともに「節度をもって、葬送の一つとして行われる限り問題でない。」という見解を1991年10月に出しています。
遺骨を粉末にして散骨するそうですが?
ご遺骨は約2mm以下の大きさに粉末化して、水溶紙に包み海へお還ししています。粉末にしませんと、刑法の「遺骨・遺体遺棄」に触れる可能性がありますし、事故や犯罪との見方にもなりかねません。
あらかじめ遺骨を粉末にしておいてもかまいませんか?
粉末化の費用も散骨料金に含まれておりますので、当社で手配させていただきます。ご自分で粉末化されても結構ですが、その場合も散骨料金は変わりません。
散骨の式次第を知りたいのですが?
特に決まった形はありません。当日の式次第は、事前にご相談のうえ、ご家族のご希望を取り入れてお作りすることができます。お気軽にご相談ください。
ちなみに、今までのケースですと、宗教的な形式にこだわる方は少ないようです。黙祷、献杯、リクエストによる音楽、別れの言葉や詩の朗読などが一般的です。港に帰り船でお茶、コーヒーなどを飲みながら、故人を偲び、静かに時を過ごす方もいらっしゃいます。
当日はどんな服装が良いのでしょうか?
デッキが海水で滑りやすくなることもあり、スニーカー等が良いでしょう。革靴、パンプスは危険です。服装もカジュアルな動き易いものでお出かけください。
船酔いは大丈夫でしょうか?
心配の方は事前に、薬をお飲みください。船にも用意してあります。今までのケースですと、大人の方はほとんどお酔いになりませんが、お子さまは若干酔いやすいようです。船酔いが激しい場合は、いったん帰港いたします。
海が荒れたらどうしますか?
安全運行のため、事前に天気予報等を充分にチェックし、予定を調整致します。少なくとも数日前と前日に2回以上連絡いたします。出港直前に天候が急変した場合も延期することがあります。また、途中で引き返すなど船長が判断いたします。
形見の副葬品があるのですが?
「海洋汚染防止法」に触れない限り、ご遺骨と共に海へお還しできますが、事前にご相談ください。
どのあたりで散骨が行われたか場所はわかりますか?
散骨した位置を海図にポイントし、散骨証明書として後日お送りいたします。
遺骨を散骨してしまったら、残された者はどこでお参りしたらよいのですか?
「心の拠り所になるような墓標がほしい」とおっしゃるご遺族は少なくありません。故人が散骨を望まれたのでしたら、そのご遺骨の一部を散骨し、あとのご遺骨は従来どおりお墓へ納骨することもできます。散骨を含め、昨今はお墓も多様化しています。当社では、遺される人とのつながりをも含め、散骨だけでなく「死後の住処」全般について考えていきたいと思っています。