ご葬儀の費用

チョイスできる葬儀内容

オーダーメイドにより故人らしい葬儀を実現します。

  1. 祭壇生花、棺、佛衣、霊柩車、それぞれをお客様のご希望に合わせてお選びいただけます。
  2. 祭壇アレンジフラワーやメモリアルコーナー(想い出コーナー)など、会場全体を使用して故人を偲ぶ空間装飾をお選びいただけます。

葬儀の内容を大きく3つのカテゴリーに分けています

1.葬儀基本必要品費用

心ふれあい倶楽部会員様は20%引き

式場使用料、棺や霊柩車、位牌、骨壷など葬儀に必要となる物品。運営スタッフやガードマン、司会者なども含まれます。

位牌
骨壷
枕飾り
葬祭式場
焼香設備
棺
霊柩車

2.空間装飾費用

心ふれあい倶楽部会員様は10%引き

祭壇や祭壇アレンジ生花、メモリアルコーナーや会館内外などの空間をアレンジ装飾します。

祭壇や祭壇アレンジ生花
メモリアルコーナー

3.接待交際費用

参列者への粗供養品、親族へのお礼の品、親族やお手伝いの方々へのお食事、宗教者用お茶菓子など

お食事
粗供養品

その他

レンタル衣装や送迎バスなどオプションで追加が可能です。

  • 選んでいただく商品や会葬者の人数によって価格が変動するものがあります。

概算お見積り金額の例

  • 別途、消費税・サービス料が必要です。

一般葬(ご親族40名 お知らせあり)

総合計 ¥1,756,000
葬儀基本必需品 ¥624,000
空間装飾 ¥558,000
接待交通費 ¥520,000
その他 ¥54,000

ご近所葬(ご親族25名+ご近所の方)

総合計 ¥1,173,500
葬儀基本必需品 ¥480,000
空間装飾 ¥355,500
接待交通費 ¥284,000
その他 ¥54,000

ご近所葬の例

親族20名、参列者50名のご近所の方中心の葬儀費用

母 花子さん(90才)。亡くなるまでの5年間は老人ホームなどの施設に入所していたが、肺炎を患い亡くなられた。夫は15年前に他界。花子さんが元気な頃は老人会のイベントや旅行に参加して友達も多かった。しかし施設での生活が長くなり、しだいに周囲との関わりが薄れていきました。喪主を務める長男(66才)やその家族も仕事を引退しており仕事関係の付き合いも少なくなり、家族や親族、ご近所の方が中心の葬儀となりました。

①葬儀基本必要品費用 会員44.8万円 一般56万円
②空間装飾費用 会員4.05万円 一般4.5万円
③接待交際費 20万円
合計 (①+②+③)×サービス料×消費税=
会員価格 780,759円
一般価格 912,870円

(サービス料5%、消費税8%含む)
葬儀基本必要品費用
空間装飾費用
接待交際費

【心ふれあい倶楽部会員様の場合】
ご親族と一般会葬者からの香典による収入額40万円を差し引くと、葬儀の実質負担金は約38万円でした。

  • 上記の価格は参考例です。お選びいただく商品や参列者の人数などによって費用は変動します。
  • 別途宗教費用(お布施など)が必要となります。

近年、葬儀の形態が変化しつつあります。

高齢化が加速して、亡くなられる方も90才を超える方も少なくありません。また喪主を務める方も仕事の現役を引退されている方も多く、社会的な関係性が薄れてきています。
最近の葬儀の参列者を見ていると、ご近所さんと極親しくされていたご友人だけという風な葬儀が多くなってきました。ご近所と親戚の参列が中心となる【ご近所葬】というような言葉が適切に思う葬儀が増えてきたのは高齢化と時代の流れだと感じます。
このような葬儀にも対応できるよう、2017年10月に葬儀プランを見直しました。

葬儀のカタチや規模、祭壇などの装飾に合わせて葬儀の内容を細かく組み合わせることが可能になりました。ご家族の想いをお聞きして最適な葬儀をご提案し一緒に創りあげます。
是非この機会に一度、葬儀事前相談にお越しください。
葬儀には何が必要で、何を大切にするべきか事前に知り整理しておくことで家族全員がよりよく生きることにつながるのではないでしょうか。

葬儀プランナーによる事前の相談をお勧めします。

オレンジライフの葬儀プランナーがあなたのお宅にピッタリなお葬式をご提案します。 プランでは出来ない故人らしい装飾やきめ細やかな商品やレイアウト、式典の進行などをご提案させていただきます。

事前相談