グリーフワーク

京都グリーフケア協会 主任カウンセラー
関谷 共未

[プロフィール]
精神保健福祉士(PSW) 第22368号(PSW:Psychiatric Social Worker)/心理カウンセラー/認知行動療法士/グリーフケアカウンセラー/EAP専門カウンセラー(EAP:Employee Asistance Program)

グリーフワークとは

フランスに、「別れは小さな死」ということわざがあります。人生を共に生きてきた愛する人を失うということは、人生の一部、すなわち自己の一部が失われるということであり、大きな悲しみを伴う体験です。遺された家族が、その悲しみである「悲嘆(グリーフ)」を受けとめていく作業をグリーフワークといい、愛する人との死別を体験した人は、誰もがこのグリーフワークのプロセス(過程)を歩みます。
グリーフワークのプロセスで生じるさまざまな反応は、年齢や性別、死別した状況、故人との生前の関係性、パーソナリティや環境、過去の経験などにより個人差がありますが、通常時とともに変化し回復に向かいます。遺族はやがて故人のいない環境に適応し、新しい心理的・人間的・社会経済的関係を作っていきます。
遺族の悲嘆の歩みを代わってあげることは誰にもできません。その悲しみや苦しみは、遺族の新しい人生のために避けては通れない大切な時間です。メンフィス大学のロバート・A・ニーマイアーは、「悲しむこととは、喪失によって揺らいだ意味世界の再確認、あるいは再構成を、必然的にもたらすということ」であり、「愛する人を失ったあとの意味深い人生の変遷に向き合う過程である」としています。
悲しみは消えることはありません。でもその大きな悲しみは、自らの生きる意味を問い、生きる勇気ややさしさを生み、人生より豊かにしてくれるでしょう。グリーフワークでは、遺族が十分に悲しむこと、そして今自分の体験している感情が当然のものであると理解しそのまま受け止めること、またその感情を信頼できる人に共感をもって受けとめられていると感じることが大切です。