社葬

社葬とは企業と企業の絆を深めるセレモニー

社葬(団体葬)の定義自体は「葬儀の経費・運営を企業(団体)が負担して行うもの」であり、規模の大小ではありません。しかし、故人が社会的な地位や影響力のある人物である場合、予想される参列者の範囲が拡大することになり、その社会的活動の基盤だった企業・団体にしても関係上、葬儀を補佐する必要が生じます。
このように、故人の社会的立場によっては、葬儀は遺族だけではとうてい担えないという現実問題があり、近親者で密葬を行い、後日告知をして社葬を行うことをお勧めいたします。
社を挙げて企業の功労者を追悼し偲ぶことは、故人への何よりの供養となるでしょう。
弔う社員にとっては志を受け継ぐ決意を新たにする場となるかもしれません。また、社葬には今後の経営姿勢を暗に示す重要な役割があるのです。そして、いざという時のために事前に備えておくことは、危機管理の一環ともいえるのです。
社外に対しては会社の存在意義や価値観を示すことが狙いとなります。社内に対しては企業文化を体現し、志を受け継ぎ、決意を新たに、一層の結束を図る機会となります。
急に経営者を失うと、会社は大きなリスクを背負います。
しかし、しっかりした社葬を通して、後継者を披露し、会社の今後の方針を提示することで、取引の継続に結び付けることができます。
社葬を行うことには、費用面のメリットもあります。社葬に関わる費用の一部は、福利厚生費として損金に算入することができます。

いろんな面からも、社葬は企業成長のきっかけには欠かせない儀礼なのです。

フリーダイヤル 0120-14-4241  通話料 無料 24時間つながります。

安心のお見積り

"こだわりの葬儀"、"予算や人数・規模"、"お別れ会の提案"など多様なニーズや疑問にもお応えするため、当社の担当者が丁寧にヒアリングし、ご説明いたします。安心・納得のお見積りを提示させて頂きます。