現在の課題に価値を見出すお葬式
共感葬儀 SHARE

葬祭業者様や新規参入をお考えの事業者様へ

御社を取り巻く地域の葬儀環境はいかがですか?

課題発見チェックシート

  • 家族葬専用式場の出店を新たに検討している
  • 家族葬の比率が高まってきている
  • 既存会館の稼働率が悪くなってきている
  • 新たな家族葬ブランドを立ち上げたいと検討している
  • 競合葬儀社とは明確なサービスの差別化を図りたい
  • 家族葬=安いのイメージが社員共々染み付いているのでなんとかしたい
  • 地域密着型葬儀社ブランドを傷つけることなく家族葬ブランドを立ち上げる方法を検討している
  • 単価下落に伴い少人数で会館を運営する変化の時がきている
  • 家族葬が増えても業績が上がるビジネスモデルに変化する時がきている
  • 家族葬と一般葬のプランが別々に存在していない
  • 家族葬プランを打ち出したが単価が下がっている
  • スタッフの動きに明確なルール(オペレーション・マニュアル)がない
  • 会員獲得に別の会員プランが欲しい

葬祭業者を取り巻く環境

現在の葬祭業者が置かれている状況は、成熟期を過ぎ、日々の経営環境に不安を持ちながら苦悩されている事と思われます。

  • 葬儀の小規模化
  • 家族葬
  • 安い・近い・簡単
  • 儀礼への無関心
  • 価格低下

以上のような課題に価値を見出すお葬式を開発いたしました。

葬儀のもつ機能葬儀で大切な役割「感謝」「儀式」「絆」「ケア」をもとに、考え出したのがグリーフケアの要素を取り入れたお葬式「共感葬儀 SHARE」です。

「共感葬儀 SHARE」では、Sympathy(シンパシー)という言葉をコアキーワードに、サービスを提供いたします。

  • Sympathy 共感、同感、共鳴、賛成、弔意、弔問、悔み、同情、思いやりなど。

Sympathy 7つの特長

シンパシーハート 会費制葬儀
シンパシーフラワー 想いを形に
シンパシーメッセージ 想いを届ける
シンパシー納棺 参加者主体
シンパシーしのぶ会食 想い出の時間/人生を尊重
シンパシーきずな会食 縁を紡ぐ
シンパシーティアーズ グリーフが軽減される葬儀

絶対的な差別化

御社のサービスに「共感葬儀 SHARE」のSympathy(シンパシー)サービスを取り入れませんか?

共感葬儀シェアのシステムを導入されませんか?
フレンドカンパニー募集中です。
ご遠慮無くお問い合わせください

お問合せはこちら