共感葬儀の流れ

  1. ホーム
  2. シェアのお葬式とは
  3. 共感葬儀の流れ
事前相談
事前相談 葬儀内容、葬儀費用、寺院関係、不安事項などお葬式に関して一つでも不安をお持ちの方はシェア葬儀相談へお越しください。
事前契約
(シェアゴールドメンバー)
事前契約 シェアゴールドメンバー入会(入会金10万円)で基本祭壇グレードアップ、自叙伝ムービー制作無料など最大20万円お得です。
入会いただく事で共感葬儀の内容をご理解いただき、ご葬儀を行なう際にお呼びするご親戚・ご友人の名簿を前もってご準備いただけるので、ご葬儀当日には慌てることなく大切な方とのお別れの時間をゆっくりとっていただく事ができます。

通夜式

葬儀依頼
葬儀依頼 大切な家族がお亡くなりになり、葬儀依頼(搬送依頼)の連絡をします。
搬送
搬送 病院、施設でお亡くなりになられた場合、寝台車の準備が必要です
シェアに寝台車手配のご依頼をいただきますと、安全に式場(ご自宅)までご搬送致します。
打合わせち・見積り
打合わせち・見積り 担当ディレクターがお葬式に関して詳しく説明を行い、お葬式内容、日時、通夜葬儀参加者名簿、葬儀費用など決定します。
参加者への連絡・案内・説明
参加者への連絡・案内・説明 ご当家様が作成した通夜葬儀参加者名簿を使用し、シェアスタッフがご当家様の代わりに日時、式場、会費制度について連絡し参加案内と会費制度説明を行います。
祭壇・式場準備
祭壇・式場準備 通夜葬儀に参加いただく方の故人様への思いや気持ちをシンパシーフラワーで祭壇をお飾りします。
会費受付
会費受付 参加者はシェア式場へお越し頂きますとロビーで会費受付をします。
受付を行うと、シンパシーカードを受け取ります。
シンパシーカード記入
シンパシーカード記入 受付で受け取ったシンパシーカードに故人様へのメッセージ(思い、感謝、贈る言葉など)を記入します。
皆さまのお気持ちが書かれたシンパシーカードは故人にお供えされます。
シェア納棺
シェア納棺 故人様への最後のお手伝いとして家族、親族、近親者の方々がお集まりいただき、皆様で故人様をご納棺します。
通夜式
通夜式 宗教儀礼により故人様をご供養頂きます。
しのぶ会食
しのぶ会食 通夜に参加された方々が生前の故人のお話しをし、お偲びいただきながら、お食事をお召し上がり頂きます。
食事開始前に喪主様より謝辞を述べていただき、会食中に故人様のエピソードを参加者に語っていただきます。

葬儀式

会費受付
会費受付 参加者はシェア式場へお越し頂きますとロビーで会費受付をします。
受付を行うと、シンパシーカードを受け取ります。
シンパシーカード記入
シンパシーカード記入 受付で受け取ったシンパシーカードに故人様へのメッセージ(思い、感謝、贈る言葉など)を記入します。
(お通夜で既に書かれた方は記入の必要はありません)
葬儀式前
葬儀式前 シンパシーメッセージを参加者2,3名に故人様へお伝えいただきます。
自叙伝ムービー(DVD)を観ていただく事で故人様の生前姿や功績を思い出して頂く事ができます。
葬儀式
葬儀式 宗教儀礼により故人様をご供養頂きます。
お別れ会
お別れ会 故人とのお別れの時間を設けます。お一人ずつお花とシンパシーカードをお棺に手向けながら、故人への感謝の気持ちを伝えていただきます。
間仕切りによりプライバシー空間を演出し、涙を見せることに抵抗がある方にも周りを気にせず最後のお別れをしていただけます。
出棺
出棺 火葬場へ向けて式場より出棺します
きずな会食
きずな会食 拾骨をお待ち頂く間にお食事をご用意します。葬儀も一段落し、感謝の気持ちと故人が遺した縁を紡ぐ大切な会食です。
例えば、故人を介護した家族に親族から感謝の気持ちを込めてお花を贈ったり、集合写真を撮影したりするなど、今後のお付き合いを続ける場とします。最後に喪主より謝辞を述べ、収骨へと向かいます。
拾骨
拾骨 火葬場でお骨を拾い、お骨壺へ納めます。
拾骨後のお勤め
(初七日法要)
拾骨後のお勤め(初七日法要) お寺・ご自宅・式場で拾骨後のお勤め(初七日法要)を行います。
帰宅・散会
帰宅・散会 お葬式予定終了です。

戻る