共感葬儀のお葬式

共感葬儀の特徴

故人とゆっくりと向き合う共感葬儀

シェア納棺

共感葬儀に参加される皆様で通夜式の1時間前に納棺式を行います。あらかじめ家族が故人の湯灌(清拭)を行い着替えさせて化粧を施します。その後、参加者全員が見守る中、式場中央の棺にお納めします。

しのぶ会食

しのぶ会食ではスタッフがリードして生前の故人のお話しが弾むようにサポートいたします。食事開始前に喪主様より謝辞を述べていただき、会食中に故人様のエピソードを参加者に語っていただきます。(3名程度)約1時間でお開きにして、その後近親者だけでお通夜を勤めていただきます。

自叙伝ムービー

参加者の皆様に今一度、故人の人生を思い出していただき、追慕の気持ちをもって葬儀に臨んでいただくため、故人の軌跡を葬儀式典の最初に上映します。
ゴールドメンバーの方には事前に打ち合わせされた詳細な生い立ち紹介や、ご希望があればご本人から家族に向けたメッセージを納めたムービーを作成いたします。(ゴールドメンバーのみ無料となります)

シンパシーメッセージ

会費受付の際、皆様にシンパシーカードをお渡しいたします。参加者全員に故人への想いを綴っていただき、シンパシースタンドにお供えします。そして葬儀式開式前に、追悼の言葉として代表者数名にお読みいただきます。又、お別れ会の際には、お棺に皆さまが書かれたシンパシーカードをご自身で手向けていただき、故人のもとに皆様のお気持ちを届けます。

お別れ会

葬儀式終了後、故人とのお別れの時間を設けます。お一人ずつお花とシンパシーカードをお棺に手向けながら、故人への感謝の気持ちを伝えていただきます。間仕切りによりプライバシー空間を演出し、涙を見せることに抵抗がある方にも周りを気にせず最後のお別れをしていただけます。

きずな会食

斎場からお帰りになり、収骨をお待ちいただく間に、お料理をご用意いたします。葬儀も一段落し、感謝の気持ちと故人が遺した縁を紡ぐ大切な会食です。
例えば、故人を介護した家族に親族から感謝の気持ちを込めてお花を贈ったり、集合写真を撮影したりするなど、今後のお付き合いを続ける場とします。最後に喪主より謝辞を述べ、収骨へと向かいます。

こんなお客様に共感葬儀シェアは最適です

  • 故人とのお付き合いの深い方々で故人を偲びお葬式をされたい方
  • 喪主(代表者)がおられないお葬式をお考えの方
  • 参列者に時間を取られる事なく、ゆっくりと故人様をお送りしたい方
  • 家族、親族、近親者のみでお葬式を行いたいと希望される方
  • お葬式の費用を抑えたいと思う方
  • ご近所、近隣の方とのお付き合いのない方
  • 家が空家になり今後、ご近所付き合いができない方

会葬者の方へ

共感葬儀シェア参加者の心得

  • シェアのお葬式にご参列される方は会費をご利用いただき、支払っていただきます。
  • 参列者は通夜会式1時間前の納棺より参加していただきます。(シェア納棺)
  • シンパシーカードに故人への感謝、伝えたかった事をメッセージとして書いていただきます。
  • 通夜後の「しのぶ会」に参加し、お食事をとりながら故人の思い出や共に歩んだ日々のことを話し、故人を偲んでいただきます。
  • 家族、親族、参加者皆で通夜、葬儀を行い故人を弔います。
  • 数名の方にシンパシーカードに書いていただいたメッセージを葬儀会式前に故人へ贈る言葉としてお読みいただきます。
  • 葬儀後の「きずな会食」は故人の葬儀を通じて家族、親族参加者の絆をより深める場になればと考えています。

シンパシーメッセージについて

Sympathyとは、お悔やみ・同感・共鳴・賛同などの意味をもち、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなど海外諸国ではSympathy Cardとして葬儀参列者がご家族やご親族に送ります。

共感葬儀シェアでは、故人の思いに参列者が共鳴・共感するとともに、集った参列者同士が同じ深い悲しみに浸るものとしてSympathy Cardに故人への思いを書きそれらすべてを祭壇に供えます。
また故人とともに棺にSympathy Cardを入れ参列者全員の思いを故人に届けるものです。
皆が参加するご葬儀の一つの象徴となります。

共感葬儀シェアのお葬式