株式会社オレンジライフ代表取締役社長兼CEO上野山栄作のエッセー多事想論

2010/4 オレンジ通信 第9号新人研修

当社は昨年度から新卒雇用に力を入れています。企業の未来は人材にかかっているといっても過言ではないと思いますし、優秀な社員は宝です。今後の中核を担う人財を探求すべく2月から2011年度の大卒者への企業説明会を既に3回実施し面接を行っている最中です。この田舎の企業のリクルート活動は極めて困難です。よほどの魅力ある企業であっても田舎で生活するハードルは高く、今までは4年制大学新卒雇用はあきらめていたのですが、大不況が逆にチャンスになり、既に30名にも及ぶ面接希望者が全国から集まっています。不況に感謝!ありがたい話です。
現在、当社としても葬儀単価を抑えお客様ニーズに対応している現状ですので台所事情は思わしいものではありませんが、このチャンスを活かし無理をしても人財を確保する時期と考えます。
ところで、大学生と面接をしていますと資質の高さに驚かされますね~。彼ら彼女らが入社することにより現有の社員たちにも及ぼす影響力は確実ですね(~o~)。のんびりしてると先輩達も追い越されてしまう勢いです。
さて、先日より本年は4名の新卒社員さん(短大卒2名と高卒2名)と1名の研修生(同業者のご子息)が入社しました。いつも感じることですが、ういういしい限りで、やる気満々!!
半年の研修期間を設け、企業理念や社会人としての心得を学び独り立ちしていくのですが、逆にこちらが新入社員から教わることも数多くありますねぇ・・・(消費者目線で業界のへんな常識とか)受けてきた教育制度も違うので、ちょっぴり新人類ですがね(笑)
正に僕は、経営者から新人さんまで全ての仲間に「初心忘れるべからず!!」と叫ぶのです。